FC2ブログ
告白体験談 寝取られ動画 人妻画像
女性のエッチな告白、体験談。人妻の不倫、浮気。誰にも言えない恥ずかしい過去、子供の頃のエッチな体験など。2000年開設のブログです。

>> 官能小説 告白 体験談 FC2Ranking <<
アダルトサイトです。18歳未満の方の閲覧は固くお断りいたします。18歳未満退場


エッチな読み物・投稿・検索 厳選サイト
picFC2官能小説Rank
信頼のFC2ランキング
官能小説集
pic寝取り、時々寝取られ
彼女が先輩と
アナルセックスを・・・
pic熟女夜伽物語
夜毎に悶々と燻る欲求を
満たしてくれる熟女達
cool内緒の恋愛体験を告白
ネットや2チャンで見つけた
秘密の体験や願望
picエッチな告白体験談ブログ
告白体験談の中で
特にエッチな優れものを紹介
cool官能小説セレクション
官能小説投稿サイト
あなたも官能小説家
cool禁断の体験 エッチな告白集
赤裸々な体験告白を
毎日更新しています
pic正しいH小説のススメ
膨大な量の小説
参加型で投稿可能
cool女の子が読む小説
女の子が読む
ちょっとエッチな小説
cool寝取られ話ファイル
妻の貸し出し、スワップ
友人に寝取らせた話
cool人妻の秘密生活
若妻、熟女妻など
人妻の秘密の告白
cool投稿パラダイス
正しい性の知識を覚え、
大人の情報交換に
pic男と女のエッチの秘密
のぞみの友達にも言えない
男と女のエッチな秘密
cool夫婦生活エッチな投稿
女性から投稿された
エッチな夜の夫婦生活
cool愛する妻を他人へ
最愛の奥様を他人に
貸し出し。美しい写真も
Total  Since2000.11.01

清楚な美人妻(BAKUTOさんの奥様)の画像と動画を公開中!

この清楚な美人妻の恥ずかしい体験談はコチラ!

オナニー妻

私は結婚5年目の29歳、主人は8歳年上の37歳です。
私は至って普通の女だと思っていました、でもオナニーは高校時代から好きで、毎日の日課のようにしていました。
かれこれ10数年以上続いています。主人とは職場結婚で同じ課なので、結婚後、私は退社しました。

都合良く転勤も決まり、私は主人と新しい土地に行き、楽しい新婚生活を送りました。
主人にも私にも知り合いがおらず仲の良い夫婦でした、休みなどは必ず二人で色々な所に出掛け楽しませてくれました。
私のオナニー癖は直らず結婚後も続いており、お昼2時過ぎ頃オナニーをしている時に急に主人がドアを開け帰って来ました。

続き・・の前にエッチな告白体験談
その時初めて私のオナニーを見た主人は驚き、その場で私を犯しました。
それ以来主人は私のオナニーを強要するようになり、テレクラが流行った頃には、私に電話をさせテレホンHまでするようになり、主人はそれをカセットに録音して楽しんでいました。

女としては恥ずかしく嫌でしたが、主人が喜ぶのならと思い言うがままに従いました。それを主人は私も楽しんでいると思ったようでした。
オナニービデオはもう家に何本もあり、会社の同僚にも私のオナニービデオを何回か見せたようです。

当然自分の嫁だとは言わずに、私達二人のHも当然のように撮り、主人はタンスの奥にしまっています。
私は何度も「お願いだから他人に見せるのだけは止めて」と頼みましたが私がしてる姿を見てる人は「いい女だなぁ」とか
「勿体無い。俺がしてやるのに一人でしなくっても」と批評されると私を犯している錯覚になるようで、その批評を私に言い、私が恥ずかしがると喜び、その後私を抱きます。

それが1年前に又転勤になり都会に出ました。今度は前にも増して知らない人ばかりです。主人はまた違う事を考え私に言います。
「なぁー今度映画に行こうか」「うん、いいね」と行くと、そこは成人映画でした。

小さな映画館でほんの数人しかおらずまして女の人は私だけでした。私が入ると一斉に見られ恥ずかしさが込み上げました。
主人は私の隣に座りスカートの中に手を入れ悪戯をします。そして「トイレに行って下着を脱いでこい」と言われ、私は仕方なくトイレに行き、下着を脱ぎバックにしまい主人の元に帰りました。

しばらく悪さをされ、主人は「トイレに行ってくる」と行ったきり帰って来ません。
私は不安でたまりませんでした。私を中途半端に触りいなくなるないいてと思い、私はバックを膝に乗せ自分で映画を見ながら触りました。

他の人達は時々私を見ますが近付いては来ず、声が出そうな程感じていく事が出来ました。
映画が終わると主人が帰って来て「なんだ、誰も来なかったなぁ」と残念そうに言いました。そこで初めて主人の魂胆が分かりました。

「何〜、私を誰かに触らせようとしたの」「ハハ・・ズーと近くで見ていたよ、お前自分でしていたろ」「も〜う、意地悪、心配したのに」と。
そして私はそのまま電車で帰りました。帰りはちょうどラッシュの時間で押され押されて主人と離れてしまいました。

すると前の熟年のサラリーマン風の人が、私の太腿を触ると無く触り、私は当たっているだけだと思い我慢していると、スカートがまくられ太腿の上の方まで来るようになりました。
初めて痴漢だと思いましたが、身動きが出来ずされるままにしてると、その人の手があそこに来ました

その人も驚いたのか一度手を引き「何コイツノーパン」「触られたいか」との声が聞こえそうなほど大胆になり、指を入れられ捏ね回されました、
ここでは声も出せず、必死で声を殺し耐えていました。時間にして15分も無かったと思いますが、私には耐えられませんでした。

電車を降り家への帰り道主人にそれを告げると、主人は「知らなかった 残念だ、今度側で痴漢されてるお前が見たい」と言うのです。
考えられない人でしょ私の主人。普通は心配してくれるか怒るでしょ・・。段々とエスカレートする私達。これからどう進展する事でしょう。
関連記事
[ 2017/11/23 ] 露出 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ランキング

官能小説・体験談

FC2Ranking入口

>> ENTER <<


月間人気ランキング
プロフィール

99

女性利用者が告白する体験談をブログに掲載しています。スマホからのアクセスが急増中です。

他ジャンル最新記事
カテゴリ別リンク
QRコード
QR
クリックで拡大
スマホから便利です
告白/連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



官能小説・体験談はFC2BlogRankingで検索が便利→ >>> ENTER <<<