FC2ブログ
告白体験談 寝取られ動画 人妻画像
女性のエッチな告白、体験談。人妻の不倫、浮気。誰にも言えない恥ずかしい過去、子供の頃のエッチな体験など。2000年開設のブログです。

>> 官能小説 告白 体験談 FC2Ranking <<
アダルトサイトです。18歳未満の方の閲覧は固くお断りいたします。18歳未満退場


エッチな読み物・投稿・検索 厳選サイト
picFC2官能小説Rank
信頼のFC2ランキング
官能小説集
pic寝取り、時々寝取られ
彼女が先輩と
アナルセックスを・・・
pic熟女夜伽物語
夜毎に悶々と燻る欲求を
満たしてくれる熟女達
cool内緒の恋愛体験を告白
ネットや2チャンで見つけた
秘密の体験や願望
picエッチな告白体験談ブログ
告白体験談の中で
特にエッチな優れものを紹介
cool官能小説セレクション
官能小説投稿サイト
あなたも官能小説家
cool禁断の体験 エッチな告白集
赤裸々な体験告白を
毎日更新しています
pic正しいH小説のススメ
膨大な量の小説
参加型で投稿可能
cool女の子が読む小説
女の子が読む
ちょっとエッチな小説
cool寝取られ話ファイル
妻の貸し出し、スワップ
友人に寝取らせた話
cool人妻の秘密生活
若妻、熟女妻など
人妻の秘密の告白
cool投稿パラダイス
正しい性の知識を覚え、
大人の情報交換に
pic男と女のエッチの秘密
のぞみの友達にも言えない
男と女のエッチな秘密
cool夫婦生活エッチな投稿
女性から投稿された
エッチな夜の夫婦生活
cool愛する妻を他人へ
最愛の奥様を他人に
貸し出し。美しい写真も
Total  Since2000.11.01

清楚な美人妻(BAKUTOさんの奥様)の画像と動画を公開中!

この清楚な美人妻の恥ずかしい体験談はコチラ!

初めてのカーセックスで

今お付き合いさせていただいている彼(和雄さん)が私にとって初めての男性です。

一人っこに生まれ、幼稚園から大学まで一貫した女子校に通いその後就職してもアフターファイブはお茶、お花、手芸等の習いものをして気が付くともうこんな歳になってしまいました。

両親等の進めにより3度お見合いをしましたが私にとっては残念ながら一生ついて行こうと思える方ではありませんでした。

目先の優しさは感じてもそれ以上のインパクトを受けた男性はいませんでした。そんな折1年前から通っているエアロビックスで接触を持った38歳の男性とお付き合いをしております。

続き・・の前に、エッチな告白体験談
といってもお付き合いを始めたのは6ヶ月くらい前からです。

最初は泳いだ後そこに併設してあるコーヒーショップに誘われ彼の話にあいずちを打つくらいで、私のほうからは殆どお話は出来ませんでした。

というのも男性の方と二人切でお話ししたことなど今までありませんでした。いつもひとりであれこれしていることになれっこになってしまい、こんな時どんなお話をしていいのかわからないんです。

本当に男女のことは晩生な女性であることは自分自身承知済みでした。多分つまらない女とあれからも思われていると思っております。

それが今彼とお付き合いをするようになってこんなにも変わった自分に戸惑いと怖ささせ感じております。

このようなサイトへくることも改めてびっくりしております。オナニーのことも頭では知っておりましたがいけないこと、いやらしいことである認識が強く殆どすることはありませんでした。

でも彼と知り合い初めて彼と結ばれた8月8日以来気が付くと・・・・している自分に性への目覚めを感じております。

でも・・・・彼とは生涯共にすることは出来ないんです。そう・・・彼には奥様も子供さんもある身なのです。

自分自身の為にもご家族の為にもしてはイケナイ関係であることは充分承知で幾度も自分自身に言い聞かせても彼からお誘いを受けるとこれが最後だ、清算しなければと思うものの会えば・・・

一緒にいるひと時は言葉に言い表せない気持ちになって・・・このままずーと一緒に居たい気持ちになり涙してしまうことがしばしばです。

性的関係も3度持ちました。優しく、ぐんぐんと引っ張ってくれる彼、抱かれている時このまま溶けてしまいたいほどの力で抱きしめてくれる彼、言われるままに恥かしさを打ち消し行為に及んでしまう私になってしまいました。

これが性に目覚めたというんでしょうか?・・・。一昨日も又彼はきっとご家族に嘘をついて私との時間を持ってくれました。わずか2時間ほどの逢瀬でしたが・・・。

初めて彼の車での行為でした。カーセックスって言葉は以前より知ってはおりましたが、これって夜の人気のないところで行なう若者の行為と認識していたのですが・・・一昨日はドライブウエーの駐車場、時間は昼食を終えてまもなくのことでした。

車を止めシートを倒しお互い仰向けになっていろんなことをお話しておりました。手を握られ指を絡ませたままで・・・。

そして彼と私は横向きになりしばらく目と目を見つめていました。なぜか私の目にとめどもなく涙が出てきてしまいました。彼はなにも言わず私の助手席のシートに移り私の上に乗って来ました。

外のことが気になりやめてほしい仕草をするも彼は私の口びるを塞いでしまいました。もう何度目のくちずけでしょう。なぜか私の身体の力が一度になくなり背中に手をまわしました。

しばらくの抱擁でした。でも彼はそれで終りませんでした。ブラウスの中に手が入り私の胸に触ってくるんです。とても恥かしく「やめて下さい。人に見られてしまいます。

とてもそんなこと耐えられません。ね・・・お願いだから・・・」と言うと彼は「ごめん・・でももう我慢でしなくなった。今すぐに貴女と一つになりたいんだ・・・。」と。

でもこれ以上の行為はとても身体を重ねた仲になったとはいえ出来るはずはありません。お外は明るいんですもの・・私は「またにして・・・私も辛いわ」と答えるしかありませんでした。

彼はしばらく私の顔を見ていましたが「お願いがあるんだ。自分勝手なことだけどもう我慢出来ない身体になっているんだ」と言いながら運転席に戻り仰向けになるやベルトを外しズボンのファスナーを下ろし下着を膝のほうへおろしているんです。

・・・・・私初めて大人の男性の下半身を目の前にして反射的に目をそらせてしまいました。胸は高まり喉がからからになりました。

今までの彼とのセックスの時は灯りを消してもらっていましたのでこんな明るい車の中で・・・・。

よくは見ませんでしたがなんだか浅黒く陰毛とあわせてグロテスクに思ったのが正直な気持ちです。彼は「これって私の気持ちの表れなんだ。

初めてのことだと思うけど握ってくれないか?」というや私の手を握りそこに導かれました。動いていました。さからうこともせずそのまま手を乗せると「こうして動かしてくれる・・・。

これって男がいつもやっているマスターベーションと同じなんだ。私も貴女と知り合ってからというものいつも貴女のことを思いながらひとりやっているんだ」と言われました。

見ることが出来ず目を閉じてわからないまま手を動かしました。凄く手の中にある彼のものは大きく固くなっていくのを手のひらに感じました。

彼は「ちょっと待って・・・・出ちゃいそう・・・」と言って車のダッシュボードからティッシュを取り出しました。

そして「もう出るよ・・・早く動かして・・・今までより早く・・」と。訳がわからず一生懸命に上下すると彼は「アッ・・・出た・・・」と言って体をそらせました。

私の手の中で彼のものが脈打つようにピクピクしています。手になにか生暖かいねばねばしたものがつきました。

彼のものを離しハンカチで拭きました。今その時のことを思い出すと凄く淫乱なことをした私の生まれて初めてのエッチな出来事に赤面してしまいます。
関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ランキング

官能小説・体験談

FC2Ranking入口

>> ENTER <<


月間人気ランキング
プロフィール

99

女性利用者が告白する体験談をブログに掲載しています。スマホからのアクセスが急増中です。

他ジャンル最新記事
カテゴリ別リンク
QRコード
QR
クリックで拡大
スマホから便利です
告白/連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



官能小説・体験談はFC2BlogRankingで検索が便利→ >>> ENTER <<<