FC2ブログ
告白体験談 寝取られ動画 人妻画像
女性のエッチな告白、体験談。人妻の不倫、浮気。誰にも言えない恥ずかしい過去、子供の頃のエッチな体験など。2000年開設のブログです。

>> 官能小説 告白 体験談 FC2Ranking <<
アダルトサイトです。18歳未満の方の閲覧は固くお断りいたします。18歳未満退場


エッチな読み物・投稿・検索 厳選サイト
picFC2官能小説Rank
信頼のFC2ランキング
官能小説集
pic寝取り、時々寝取られ
彼女が先輩と
アナルセックスを・・・
pic熟女夜伽物語
夜毎に悶々と燻る欲求を
満たしてくれる熟女達
cool内緒の恋愛体験を告白
ネットや2チャンで見つけた
秘密の体験や願望
picエッチな告白体験談ブログ
告白体験談の中で
特にエッチな優れものを紹介
cool官能小説セレクション
官能小説投稿サイト
あなたも官能小説家
cool禁断の体験 エッチな告白集
赤裸々な体験告白を
毎日更新しています
pic正しいH小説のススメ
膨大な量の小説
参加型で投稿可能
cool女の子が読む小説
女の子が読む
ちょっとエッチな小説
cool寝取られ話ファイル
妻の貸し出し、スワップ
友人に寝取らせた話
cool人妻の秘密生活
若妻、熟女妻など
人妻の秘密の告白
cool投稿パラダイス
正しい性の知識を覚え、
大人の情報交換に
pic男と女のエッチの秘密
のぞみの友達にも言えない
男と女のエッチな秘密
cool夫婦生活エッチな投稿
女性から投稿された
エッチな夜の夫婦生活
cool愛する妻を他人へ
最愛の奥様を他人に
貸し出し。美しい写真も
Total  Since2000.11.01

清楚な美人妻(BAKUTOさんの奥様)の画像と動画を公開中!

この清楚な美人妻の恥ずかしい体験談はコチラ!

他人に見られながら2

Kさんを見つめながらショーツを脱がされて、入口をまさぐられます。頭の中が電気ショートを起こしてるみたいにチカチカしながらも、最高に感じていました。

すると主人が自分のズボンを脱ぎだして、ここで入れようという勢いです。さすがにまずいと感じて、逃げようとしましたが、上半身がKさんと反対方向に少し流れたところで押さえつけられてしまいました。

続き・・の前に、正しいH小説のススメ

 
すぐに主人の硬いものが入ってきて、ゆっくりと中をかき回し始めました。頭がKさんと反対になって、もうKさんの顔は見れません。

それでも、主人は段々と奥へ奥へと激しさを増してきます。数時間前に聞いたKさんの言葉が頭の中をグルグルと舞い、いつもと違う感覚がたまりませんでした。
いつもの主人の一突き一突きが私の中のイヤらしい部分を刺激します。

前回のキッチンでのエッチまでは、主人とのSEXであんなに早くいきそうになることは、しばらくありませんでした。
そのときも既に今にも気をいかせてしまいそうなほど、感じていました。もう声が我慢できないって思って、手を口に持っていったときです。

主人とは別の手が、私の足首をつかんだのです。一瞬、心臓が止まるかと思うくらい驚きました。声を出さなかったのは、たまたま自分の手で口を塞いでいたからです。
(Kさんが起きている。しかも足元から・・ 主人の物を咥えているあそこが見られてる・・。) そう思った瞬間、今までに味わったことのない絶頂間が全身を駆け巡りました。


あまりの快感の強さに身体が痙攣して、止まりません。すると、ピクピクする私の足をKさんが少しずつ広げ始めたのです。
足が開いてくれば来るほど、快感が強くなっていく気がしました。最初は小さな痙攣だったものが、全身を襲い、腰がヒクヒクと痙攣します。

それでもつき続ける主人も激しさを増して・・、生まれて初めて潮を吹いてしまいました。主人に突かれる度に、床を叩く液体の音がしました。
二人とも過去にないくらい激しく達して、しばらく動けませんでした。 しばらく放心状態が続いていましたが、ふっと我に返ると、既にKさんの手は離れていました。

二人とも起き上がって、主人はゆっくりと脱衣場へ雑巾を取りに行ってくれました。私も立ち上がろうとすると、再びKさんの手が私の足首をつかみます。
驚いてKさんのほうを見るとKさんはニヤニヤしていました。私は顔を激しく振ってイヤイヤをしましたが、放してくれません。主人は洗面所で雑巾を絞っています。

するとKさんのもう片方の手が、まだショーツを履いていない私のスカートの中へ。まだべっとりと愛液が塗りたくられた太ももをなで始めます。
少し落ち着いたとはいえ、ついさっき激しい絶頂を終えたばかりの身体はまだまだ敏感です。しかも主人以外の男性の手で・・・。

雑巾を絞り終わった主人が戻ってきます。私は慌ててショーツをエプロンのポケットにしまい込んで、主人の入ってくる入口に向いて座り込みます。
そして、履いているスカートの裾を広げて、Kさんの手を隠しました。主人に雑巾を渡されて、雑巾を広げて床を拭こうとします。


主人はゆっくりとズボンをはいて、キッチンで水を飲もうとしています。その間もKさんの手は私の敏感な部分の下で動かし続けていました。
指先で私の恥ずかしい毛を掻き分けてみたり、濡れてパックリと開いた厚い陰唇を指先でくすぐったり・・。

そのうち、主人にも滅多に触られない、後ろの小さな蕾に愛液を塗りつけられて、指の腹でグリグリとほぐされていました。
整理不能な状況に私の頭はパニック状態で、送り続けられる快感に押し流されないように我慢するのがやっとでした。

主人は水を飲み干して満足げに私を見ています。私は気づかれないように一心不乱に汚れた床を拭き続けます。
少しでも動きを止めると、あまりの羞恥で震えているのが気づかれそうで止められません。

しばらくして主人が、小声で「先に上がってるよ」と言って、立ち上がります。私は、主人にも助けを求められず、その主人が立ち去った後、
これから起こる出来事を思うと、絶望感と、それと反対に沸き起こっている期待感と、今全身を襲っている快感の渦に巻き込まれて、軽くうなずくのがやっとでした。
主人が部屋を出て階段を上がっていきます。足音が小さくなって・・私は快感に飲み込まれました。
関連記事
[ 2017/11/01 ] スワップ | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【他人に見られながら2】
Kさんを見つめながらショーツを脱がされて、入口をまさぐられます。頭の中が電気ショートを起こしてるみたいにチカチカしながらも、最高に感じていました。すると主人が自分のズボ...
[2012/06/26 02:55] まとめwoネタ速neo
ランキング

官能小説・体験談

FC2Ranking入口

>> ENTER <<


月間人気ランキング
プロフィール

99

女性利用者が告白する体験談をブログに掲載しています。スマホからのアクセスが急増中です。

他ジャンル最新記事
カテゴリ別リンク
QRコード
QR
クリックで拡大
スマホから便利です
告白/連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



官能小説・体験談はFC2BlogRankingで検索が便利→ >>> ENTER <<<