FC2ブログ
告白体験談 寝取られ動画 人妻画像
女性のエッチな告白、体験談。人妻の不倫、浮気。誰にも言えない恥ずかしい過去、子供の頃のエッチな体験など。2000年開設のブログです。

>> 官能小説 告白 体験談 FC2Ranking <<
アダルトサイトです。18歳未満の方の閲覧は固くお断りいたします。18歳未満退場


エッチな読み物・投稿・検索 厳選サイト
picFC2官能小説Rank
信頼のFC2ランキング
官能小説集
pic寝取り、時々寝取られ
彼女が先輩と
アナルセックスを・・・
pic熟女夜伽物語
夜毎に悶々と燻る欲求を
満たしてくれる熟女達
cool内緒の恋愛体験を告白
ネットや2チャンで見つけた
秘密の体験や願望
picエッチな告白体験談ブログ
告白体験談の中で
特にエッチな優れものを紹介
cool官能小説セレクション
官能小説投稿サイト
あなたも官能小説家
cool禁断の体験 エッチな告白集
赤裸々な体験告白を
毎日更新しています
pic正しいH小説のススメ
膨大な量の小説
参加型で投稿可能
cool女の子が読む小説
女の子が読む
ちょっとエッチな小説
cool寝取られ話ファイル
妻の貸し出し、スワップ
友人に寝取らせた話
cool人妻の秘密生活
若妻、熟女妻など
人妻の秘密の告白
cool投稿パラダイス
正しい性の知識を覚え、
大人の情報交換に
pic男と女のエッチの秘密
のぞみの友達にも言えない
男と女のエッチな秘密
cool夫婦生活エッチな投稿
女性から投稿された
エッチな夜の夫婦生活
cool愛する妻を他人へ
最愛の奥様を他人に
貸し出し。美しい写真も
Total  Since2000.11.01

清楚な美人妻(BAKUTOさんの奥様)の画像と動画を公開中!

この清楚な美人妻の恥ずかしい体験談はコチラ!

親戚のおじさんがイタズラ

子供の頃の話ですけど…小学生の頃から胸がかなり大きくて、よく痴漢にあってました。中身も早熟で、オナニーも10歳頃からかなり頻繁にしていました。
そんなふうに、子供のくせに「イク」ってことを知っていていやらしい雰囲気が出ていたのかもしれないけど、当時30代だった親戚の男性に、いたずらされてました。

最初はおっぱいを軽くさわられたりお尻を撫でられる程度だったけど、私が抵抗しなかった(なんかドキドキして、興味があったんです。Hな子ですよね)せいか少しずつ大胆になってきて、時々パンティの中にちょっと手を入れられたりもするようになったんです。

ある時、その人の家にいくと家族が誰もいなくて、その人が一人でTVを観てました。最初はソファで隣に座ってTV観ていたけど、そのうち、 膝に座るように言われて、膝に後ろ向きに座ってTVを観てました。

続き・・の前に、人妻蕩蕩
 
そしてその人が後ろから私を抱きかかえた形で、手を伸ばしておっぱいを触り始め、だんだん手が下に。
最初はパンティの上から私のアソコを、ワレメをなぞるように触っていたのが、私がいやがらなかったので中に指が入ってきました。

その時には恥ずかしいけど、私はすごく濡れてたんです!その人もびっくりしたみたいだけど嬉しかったようで、さらに大胆になって。
その時のことを思い出すと今でも体が熱いです。そのせいか今でもソファや椅子に、足を広げて座らされるシチュエーションに弱くって。

二人きりでソファに座り、膝に座らされて後ろからおっぱいや、アソコを触られた私。小学生だったのにすっかり感じてしまい、大胆になった彼がパンティの中に手を入れてきたときには、もう濡れてしまっていました。

まだSEXも知らないくせにすごい感じやすい、Hで早熟な子だったんですね。自分でも恥ずかしい。
彼も驚いたようでしたが、嬉しかったみたいで、今度は部屋の電気を消して、 もう一度私を同じように膝に座らせました。
そして、私を膝にまたがらせたまま、自分の足を左右に大きく開いたのです。

だから、私の足も一緒に左右に大きく 広げられて…さすがにパンティを脱がせようとはしませんでしたが、彼は大きな右手をパンティのおへその方からぐっと中に入れると、私の一番濡れて いるところを触りました。

そこが濡れていることを確認するように指で何度か撫でると、その愛液をすくうようにして、私のクリトリスにぬりつけ指で(多分、 1本か2本だったのでしょう)でクリトリスをやさしく、円を描くように触り始めたのです。

足を大きく左右に広げられていたので、きっとクリトリスは丸見えに なってたのでしょう。信じられないくらい気持ちよかった。怖いくらいでした。

部屋の中は暗くて、TVの音だけ。彼の左手は私のおっぱいをそっと揉みながら、右の指先は休むことなくクリトリスを愛撫し続けました。
私は、声こそ出さなかったけど、胸はこれ以上ないほどドキドキして、どんどん気持ちよくなっていくせいか息も速くなっていきました。


何分くらいそれが続いたのかわかりません。彼が 触っている部分の快感が、自分では全く知らなかったほどに強いものになっていって、じっとしていられないほどになっていったのです。
自分でもオナニーしていった経験はあったけどそんな強い快感は知らなかったので、ちょっと怖くなり、私は 「…なんか変だよ…」と言いました。

すると彼は「気持ちいいんでしょう?」と聞きます。「いいけど…なんか…」と言うと、「もっとそのまま気持ちよくなってていいよ。
もっと気持ちよくなれるから」と言われ、彼は左手で私の腰のあたりをぐっと抱くと、右手の指をもっと速く動かし始めたんです。

今思い出してもじーんとするような強烈な気持ちよさが触られているところからアソコ全体に広がり、そして体がそこだけになったように感覚が集中して、私はあっという間にイカされてしまいました。


腰をかかえられ足を大きく広げたままで…覚えてないけど、きっと声も出てたんでしょうね。今でもオナニーする時にはそのことを思い出してしまうくらいよかったんです。
でも、その時は、その感覚があまりに強烈でちょっと怖くなり、その後はその人のところへは行かなくなりました。

もし続けて行っていたら、最後まで経験しちゃってたかもしれない。こんな経験した人って、女性なら他にもいるんじゃないかなあ。
(でも、女の子が みんなこんなに早熟なわけじゃないから、こういうことしたら女の子は誰でも喜ぶなんて思わないでくださいね。)
関連記事
[ 2018/01/05 ] 子供の頃 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ランキング

官能小説・体験談

FC2Ranking入口

>> ENTER <<


月間人気ランキング
プロフィール

99

女性利用者が告白する体験談をブログに掲載しています。スマホからのアクセスが急増中です。

他ジャンル最新記事
カテゴリ別リンク
QRコード
QR
クリックで拡大
スマホから便利です
告白/連絡フォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



官能小説・体験談はFC2BlogRankingで検索が便利→ >>> ENTER <<<